池袋東口にあるパルム整骨院の院長を紹介します

ご予約お問合せ

院長プロフィール

パルム整骨院院長の上西英三郎です。
当院は一人ひとりに合わせた「痛くない気持ちの良い施術」を行っています。

スポーツ療法に基づいた治療を皆様に提供しています。

順天堂大学体育学部健康学科卒業後スポーツクラブに入社し、 ウエイトトレーニングや水泳の指導に従事。 その中で、多くの方々が怪我や慢性的な痛みによる様々な身体的な問題を 発症していることを感じ柔道整復師の資格を取得。自らのスポーツ経験を生かし、スポーツマッサージを積極的に取り入れ 1回の施術で確実に効果を挙げることを目標に施術にあたっている。

痛みを取るならパルム整骨院へ

当院のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
当院には様々な症状の患者さまがご来院されています。
病院の検査で、『骨には異常ありません。痛み止めと湿布を出しておきますのでしばらく様子を見ましょう』と言われた患者さまが大変多くご来院されます。また、腰椎ヘルニア、変形性膝関節症、股関節臼蓋形成不全、変形性膝関節症などと診断されたが、病院の治療で一向に症状が改善されない患者さま、手術をすすめられたが手術をしないで治したい患者さまなどがご来院されています。
当院ではドクターの診断を参考にしながら、患者さまに様々体勢で身体を動かして頂きながら検査をさせていただいております。正常に動いていない関節や、固まって伸縮が上手くできない筋肉や靭帯、痛みやしびれなどの不快感が増強する角度などを調べていきます。
何故このような検査を行うかと申しますと、人の身体はぶつけたり捻ったり大きな衝撃が加わった場合や極端に身体の一部分を使いすぎた場合、細菌ややウイルスなどの病原体を体内に取り込んでしまった場合を除き、簡単に病むものではないからです。ほとんどの痛みやしびれは、『その方の日常生活での身体の使い方』に起因しているのです。
腰や膝の痛みで悩まれている患者さまの本当の原因が、痛みの出ていない股関節や臀部にあることはよくあることです。痛い場所に触れずに症状を軽減させ完治へ導くことは当院ではよくある症例です。
また、当院にはスポーツを愛好されている患者さまも多数ご来院されています。 関節機能調整の技術で、関節可動域を広げ、さらに身体の使い方を指導させていただくことで飛躍的に柔軟性が向上し、競技力アップのお手伝いをさせていただいております。
痛みや痺れ、スポーツでの怪我、骨折や脱臼後のリハビリ、体の不調改善はもちろん、運動能力の改善に至るまで、どうぞ当院までお気軽にご相談ください。